ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』10話ネタバレあらすじ

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第10話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

葵みどりは瀬野章吾の担当薬剤師となった。

瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡で…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第10話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)は瀬野章吾(田中圭)の担当薬剤師となる。

瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)だ。

瀬野の重複がんで問題となるのは、標準治療が確立されていない副腎がん。

効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。

みどりは副腎がんを調べるが有効な手立てが見つからない。

そんなみどりに、七尾拓(池田鉄洋)が海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教える。

しかし、治験薬を萬津総合病院で使用するには問題が多い。

七尾は治験薬の承認を得るための3つの関門を伝える。

畑中に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取得すること。

その全てをみどりの責任でクリアすることを条件とした。

そんな時、瀬野は救急搬送される患者を見かけて後を追う。

患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園)。

瀬野は付き添って来た妻の彩乃(宮澤佐江)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。

彩乃がすぐに看護師に教えたため丸岡は難を逃れた。

そして、丸岡は瀬野の隣のベッドに入院する。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。

相原くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。

それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

(出典: 『アンサングシンデレラ』第10話あらすじ)

ドラマ『アンサングシンデレラ』第10話のネタバレ

瀬野が重複がんであることを知りくるみたちは愕然としていた。

みどりは瀬野を治すために解決策を考えていた。

瀬野は検査を終えて患者になり、みどりは顔が硬っていた。

7週間後、消化器内科の医師で瀬野の担当医の畑中はミトタンの治療を続けるよう指示した。

七尾はFP258という新薬の治験の話があると言い、みどりが責任を持って治験の話を進めるようにと条件を出した。

そんななか、患者の心筋梗塞で倒れた丸岡はじめが緊急搬送されてきた。

瀬野と丸岡の日常を守るのが薬剤師の務めだとみどりは話す。

瀬野は母親を看病している夢を見てうなされていた。

隣のベッドには丸岡がいて瀬野を気遣っていた。

みどりは治験の実現を目指しながら患者の世話もすることになった。

みどりとくるみが瀬野の病室にやってきて痛み止めがもうすぐ切れそうになっていた。

そして、みどりは丸岡に薬のことを話したが、毎月5000円かかると言われて怒っていた。

瀬野は丸岡の薬のリストを見て丸岡にこの病院の薬剤師だと打ち明ける。

七尾は治験薬の存在だけでも瀬野に伝えた方がいいとみどりに提案した。

丸岡は漫画だけじゃ食べていけなくて職探しをしていた。

みどりは海外で副腎がんの治験薬が日本でも始まっていると言い瀬野は断った。

七尾が現れて瀬野は母親のことで自分のことを恨んでいると話した。

瀬野の母親は七尾が勧めた治験薬を服用したが改善の余地はなく亡くなった。

瀬野は治験を進めるよりも他の患者のことを気にかけろとみどりに注意した。

その時、瀬野は力尽きて倒れみどりが駆け寄る。

畑中は新薬の治験は諦めろとみどりに言い、別の道も考えた方がいいと話す。

緩和ケアに切り替えるように畑中は勧めてみどりは困惑した。

みどりはどうしたらいいか考えていたがどうすればいいか分からず動揺する。

その時、くるみが現れてみどりが全ての患者さんのケアをして頼れる先輩だと話した。

刈谷は治験審査委員会の審査を通すために手伝うことにした。

くるみひ丸岡の担当にしてほしいとみどりに頼み、みんなも手伝ってくれることになった。

みどりと刈谷は治験審査に通るように協力してほしいと畑中に懇願した。

くるみは丸岡の病室にきて安くて済む服用プランを提案する。

丸岡にはいろんなことを諦めてほしくないと思ったとくるみは丸岡に話した。

くるみは病気に大きいも小さいもないとみどりが言ったことと同じことを言った。

治験審査委員会が始まり、治験実施に関する審査を始めると販田が言った。

一方、小野塚は販田の面接を受けて正式に病院薬剤師になったと報告した。

瀬野は学生の時の小野塚に会った時のことを思い出して、厳しく指導するから覚悟しろよと話す。

畑中と豊中が治験の承認を得るために審査員に説明をしていた。

質疑応答の時間になり、医師が患者が病院薬剤師でえこひいきしているのではないかと指摘した。

七尾は治験というのは全ての患者を救うために行われると話す。

人類の未来のために治験が必要だと熱弁した。

畑中は新薬の治験に参加登録できることになったと瀬野に伝え、あとは瀬野の自由意志だと話した。

瀬野は丸岡のために薬のリストを制作していた。

治験をお願いしますと瀬野は畑中に告げる。

瀬野は誰もいない調剤室を見つめていた。

FP258が届いたが、瀬野がいなくなりみどりが探しにいく。

瀬野は母親のお墓の前に立ち、みどりは瀬野に話しかける。

瀬野は治験をやらないと言い出し、みどりは瀬野の母親・佐緒里のことを話す。

佐緒里はみどりの妹の担当薬剤師で佐緒里に励まされて佐緒里のような薬剤師になりたいと思うようになったみどり。

みどりは佐緒里のような薬剤師にはとてもなれていないが、少しは近づけているかも知れないと瀬野に話す。

瀬野は先の見えない治療がこんなにも辛いなんて思わなかったとみどりに話し、治る可能性もないのに治療を続ける意味はないんじゃないかと思った。

治験を始めたら今まで以上の苦しみがあるかもしれないと瀬野は泣きながら言い、佐緒里が緩和ケアの末亡くなったことで余計に怖くなった。

みどりは話してくれてありがとうございますとお礼を言い、これでようやく病気と闘えると瀬野に言う。

みんなで全てを受け止めるとみどりは瀬野に言い、どの道を選んでも全力でサポートするとみどりは訴える。

瀬野は病院に戻って治験を受けることを改めて決意してよろしくお願いしますと薬剤師のみんなに頭を下げた。

瀬野は新薬の治験を受けた、その二年後…。

心春が薬剤部に配属されて、みどりと瀬野がどこにいるのかと尋ねる。

刈谷が瀬野とみどりは薬剤部にいない、二人がいなくなったことで薬剤部はバラバラにはなったと心春に話すのだったーー。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第10話の感想

瀬野は重複がんになりみどりは新薬の治験を進めていた。

みどりは瀬野を救うことができるのか?

七尾が勧めた治験薬が瀬野の母親に効かずに亡くなっていたとは、瀬野は七尾のことを信用していない。

みどりは瀬野に治験薬の服用を断られた成す術がなくなった。

と思われたその時、くるみたちがみどりを手伝うようになった。

困った時には頼れる仲間だ!

くるみはちゃんと丸岡に寄り添ってる、成長したな。

治験を通したとはさすがだ、みどりと仲間たちの団結があってこそ!

みどりと瀬野はどうなったんだ、二年の間に何があった?

次回はいよいよ最終回、果たしてみどりと瀬野はどうなったのか…。

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第10話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話した。

相原くるみは希望を抱くが、刈谷奈緒子たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。

それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする