ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第1話ネタバレあらすじ

石原さとみ主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。

救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていて….。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』第1話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。

救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。

そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。

それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。

しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。

くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。

医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。

その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。

優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。

医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。

みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。

すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

これが林とみどりの因縁に…。

(出典:『アンサング・シンデレラ』第1話あらすじ



ドラマ『アンサング・シンデレラ』第1話のネタバレ

渡辺奈央と森本優花はふたりともI型糖尿病で入院していて、矢島詩織は切迫流産の疑いで入院中の患者だった。

アナフィラキシー症候群の疑いで搬送された患者にアドレナリンを打つ葵みどり。

薬剤部部長の販田聡子は新人薬剤師の相原くるみを案内していた。

みどりは患者を救うために心臓マッサージをしてグルカコンを注射器に入れて医師に渡す。

患者の心拍が安定して聡子はみどりにくるみを紹介した。

薬剤師でも患者を救うことがあるんですねとみどりに言うと、そばにいた瀬野章吾が医師のおかげだと話す。

くるみは患者さんや家族に感謝されたいと言うと、みどりは薬剤師の仕事は向いてないとくるみに告げる。

I型糖尿病で入院中の渡辺奈央と森本優花のふたりがちゃんとインスリンの注射ができているか確認しに来たみどりとくるみ。

針を使い回したり消毒のし忘れはダメだとみどりは注意して、薬剤師は薬をちゃんと処方しているか確認して回るのも仕事だと話す。

調剤室に来たみどりはくるみに薬のある場所は覚えなきゃダメだと指導する。

薬剤師主任の刈谷奈緒子、薬剤師の羽倉龍之介がそれぞれくるみに挨拶する。

刈谷は一人一人の患者に時間をかけ過ぎとみどりに注意した。

処方箋の間違いを正すために疑義照会に行ったみどりとくるみ。

林医師は間違いくらい薬剤師が直せよとみどりに悪態をつく。

薬剤師は勝手に処方箋を変えるわけにはいかないとくるみに教えるみどり。

奈央は治療に真面目に取り組んでいたが、周りの子に言われたことを気にしていた。

偏頭痛があって眠れないとみどりは報告を受けて章吾に確認の電話をしたが担当医に相談しろと言って電話を切る。

道場医師は矢島が偏頭痛を訴えているとみどりに報告したが症状を聞いたみどりは偏頭痛じゃない可能性があると言い矢島の病室へと駆け出す。
 
血圧を測ると高血圧でこのままだと帝王切開になると道場に告げる。

林が駆けつけてみどりは「HELLP症候群」ではないかと林に訴えた。

嘔吐の症状は「HELLP症候群」の典型だとみどりは林に報告して林は治療をする。

矢島は無事に出産したが林医師がみどりのことを委員会に訴える。

薬剤師副部長の七尾は薬剤師は医者じゃないから患者の診察はできないと警告した。

治験を行なって薬の開発の臨床試験で実績を上げている七尾。

優花は奈央が戻ってこないとみどりに伝え、みどりは奈央を探した。

待たされるとブチギレする辰川秀三が今回もブチギレていたが、調剤は順番に出すしかないと羽倉はくるみに教える。

そんな時、ベテラン薬剤師の荒神寛治が辰川をなだめておさまった。

みどりは非常階段に倒れている奈央を見つけて電話で報告する。

食事前にインスリンを打って低血糖で倒れたのだと奈央の母に説明する。

奈央は見た目が普通と変わらない奈央にクラスメイトたちは彼女をからかうようになり奈央は隠れて注射をするようになった。

病院で知り合った優花とは病気のことを隠さなくていいから次第に打ち解けあい今では親友。

そんな優花と別れたくなくてわざと病気の進行を遅らせていた。

そのことを気づかなかったみどりは自分を責めていて、刈谷は患者に感情移入し続けるみどりを叱責した。

中華料理屋「娘娘亭」にやってきたみどりは母親が薬剤師だから勝手に親近感を覚えるとみどりに話しかけてきた。

みどりは薬剤師になった理由がある薬剤師が自分に寄り添ってくれて感謝しているからだと話す。

林医師は会議の席でみどりのしたことは越権行為でいずれ医療事故につながると訴える。

瀬野はみどりをクビにした方がいいと提案して、現場にいた助産師はみどりのしたことに問題があると思えないと話す。

その時、豊中医師がみどりのアドバイスで1人の患者が救われたことを良かったと思っていると言い、薬剤師の声に耳を傾けてもいいのではないかと言う。

販田は林医師に「HELLP症候群」の疑いがあるとみどりから処方箋が提出されたのにも関わらず林医師が適切に対処しなかったことが問題になると伝える。

このことが公になることを恐れて林医師はみどりをお咎めなしとした。

みどりの処分がなしになり刈谷たち薬剤師はガッツポーズをした。

矢島の病室を訪れたみどりは矢島から命を救ってくれたことを感謝されて目を潤ませて「おめでとうございます」と矢島に告げる。

みどりは瀬野が自分を辞めさせようとしたと噂で聞いて真意を確かめる。

「もっと患者のために動け」と瀬野はみどりに注意した。

奈央が退院して優花は病室で1人きりになりみどりは優花が奈央がわざと血糖値を悪くしていたのを気づいてたんでしょと話す。

優花はずっとここにいたかったからインスリンの注射を打たなかったと言い逃げることがそんなにいけないことなのかとみどりに訴える。

優花の気持ちは分からないとみどりは言い、インスリンとちゃんと向き合ってほしいと優花に語りかける。

優花にはもう気持ちをわかってくれる友達がいるよねとみどりは優花に告げ、優花は奈央のもとに駆け出す。

奈央を呼び止めた優花は、これからは病院の外で会おうと約束した。

優花と奈央は笑顔で別れて、みどりはその姿を笑顔で見守っていた。

くるみはもう少し続けてみますと販田に言い、合わなかったらいつでも辞めますと笑顔で告げる。

優花が元気にらなるまでみどりは見守り続けると決意したーー。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』第1話の感想

 
薬剤師のみどりは一人一人の患者さんを大切に接していた。

薬剤師から疎まれることもあるけど、みどりは患者に寄り添い続ける。

みどり(石原さとみ)のことが好きになりそう💕

奈央の気持ちに気づくことができずにみとりは自分を責める。

薬剤師はただ薬を渡せばいいと世間の人が思ってるからな。

なかなかみどりのような人は受け入れられないよ…。

みどりはお咎めなしになったが瀬野から患者のために動けと注意される。

瀬野はこう見えてみどりのことを大事に思ってるのか?

奈央が退院して優花は寂しい気持ちをみどりにぶつける。
 
みどりはちゃんと薬と向き合ってほしいと優花に語りかけて優花は奈央と病院の外で会おうと約束した。

変わらぬ友情っていいもんですな^ – ^

まとめ

ドラマ『アンサング・シンデレラ』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。

すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

これが林とみどりの因縁になることになる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする