木曜ドラマ『モトカレマニア』第1話 あらすじ&感想

はじめに

木曜ドラマ『モトカレマニア』は、2019年10月17日からフジテレビ系「木曜劇場」で木曜22時から22時54分まで放送されています。

新木優子と高良健吾のダブル主演で新木優子は元彼を忘れられない難波ユリカを演じています。

なお、新木優子はこのドラマで地上波ドラマ初主演になります。

原作は、瀧波ユカリによる日本の漫画です。

『モトカレマニア』は、講談社発行の月刊漫画雑誌である『Kiss』にて、2017年9月号(2017年8月25日発売)から連載中です。

キャスト&スタッフ

原作:瀧波ユカリ

脚本:坪田文

演出:並木道子/相沢秀幸

出演者:新木優子、高良健吾、浜野謙太、¬田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー、(EXILE/GENERATIONS)、加藤虎ノ介、大地、大倉空人、井上翔太、趣里、小手伸也、山口紗弥加

音楽:田渕夏美/中村巴奈重

オープニング:安田レイ「アシンメトリー」

エンディング:超特急「Revival Love」

木曜ドラマ『モトカレマニア』第1話あらすじ&ネタバレ

元彼との思い出に浸って満足?

マニアは人生を豊かにする何かに熱中することで、難波ユリカは元彼マニア。

ユリカは仕事を辞めて5年前に別れた「マコチ」こと斉藤誠のことが忘れられない。

ユリカは失業保険が切れる寸前で、このままだと実家に帰らなければならなくなる。

ユリカは不動産の会社に面接に行き、ゴリ押しで不動産の営業に仮採用で1ヶ月働くことになった。

この会社には他に二人の社員がいて、“マコト”という社員は出張でいないと言われる。

ユリカは「マコチ」と同じ名前だとつい元彼のことを思い出しにやけていた。

現実の恋愛に目を向けず元カレの思い出に浸ると友人のひろ美はいう。

マコチを忘れるために次の恋愛を進めるひろ美。

不動産の会社に部屋を探しに来た山下は引っ越しをするヤドカリの話をする(自分の引っ越しと重ねる)。

マコチと別れた中華飯店に山下と入るユリカ 。

美味しくて有名な羽根つき餃子を食べ、山下は誰かと食べるご飯は美味しいと嬉しそうに言いました。

ユリカはマコチと別れたことを思い出して思わず泣いた。

ユリカは聞き覚えのある足音で会社に来たのはマコチ?だった。

マコチはユリカのことをバイト仲間といって、ユリカはおもわず気絶して倒れる。

ユリカはトイレに行き、SNSで福盛真の検索し、未婚と確認した。

マコチは母が再婚をして苗字が変わったことをユリカは知る。

ユリカはマコチにバイト仲間といわれショックを受け仕事もろくに手につかなくなっていた。

ユリカは山下に部屋を紹介し、ユリカは部屋のベランダで夕日を見ながらマコチのことをフッと思い出す。

山下と波長があうと感じたユリカ。

マコチは5年ぶりに会ってびっくりしたと語り、マコチはユリカにおススメ物件を熱く語る。

ユリカは脳内会議を開き、顔や雰囲気で悲しみをアピールしないと誓う。

ユリカは山下が決めた物件の手続きが済んでいないことをしり、急いで大家さん家に行き手続きを済ませる。

これで終わりですねとユリカが言うと、山下は残念そうにしていた。

そして山下はユリカに告白をし、ユリカは返事をどうすべきか迷っていた。

すると、マコチからメールで食事に誘われてユリカはまたも脳内会議を開き満場一致で嬉しいと答え食事に行くことに決めた!

ユリカは休みの日にマコチと食事をする。

マコチは女性と一緒に住んでいて、分譲マンションに住んでいると彼がいい、ユリカはショックを受け店を出ていく。

ユリカは雨の中で山下に傘を差され、山下に告白されるとユリカはおもわず山下に抱きついた。

山下の引っ越し前の部屋に行き、山下はユリカにキスを迫るが、山下は「やっぱりできない!」と言い、山下はある衝撃の告白をした。

「僕は食べログマニアじゃない、元カノマニアだっ!」

それを聞いてユリカは驚いた。

山下は「元カノマニア」だった!

ユリカは嬉しそうに山下の話を聞きたがった。

果たしてユリカは元彼のマコチをよりを戻すのか?

それとも、山下と新しい恋を始めるのか?

来週も期待して待ちたいと思います!

感想

僕は新木優子演じるユリカが元彼のことを忘れられずに今でも彼のことを思い続けている。

彼女の一途さに僕もそこまで人を好きになれるのは羨ましいです。

それでは、また‼︎

はじめに 第2話では、ユリカは山下が「モトカノマニア」であることがわかりユリカは山下と「元カレ・元カノマニア同盟」を結成します。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする